• ホーム
  • 中古ドメイン購入後にやるべきHTTPS化対策

中古ドメイン購入後にやるべきHTTPS化対策

パソコン

検索流入元のメインといえるGoogle検索、そのGoogleが今推奨しているのがサイトのHTTPS化です。HTTPS化とは、WEBサイトにSSLサーバ証明書を適用し、ページすべてをHTTPSとして表示させることを指しています。
Googleが提供しているブラウザでは、常時SSL化を行っていないサイトについてアドレスバー部分に注意喚起が表示されるようになりました。また、HTTPS化がインデックス登録のスピードや検索結果の順位にも影響することが明らかになっています。

現時点ではまだ、常時SSL化していないサイトであっても検索順位の上位に全く表示されない、というわけではありません。しかしGoogleは以前からHTTPS化の推奨を行っており、段階的に対応を変化させていっています。今後さらにその対応が進めば、WEBサイトのHTTPS化はSEO対策上必須になっていくと考えられるでしょう。
被リンクなどさまざまなメリットを持つ中古ドメインですが、常時SSL化を行わなければ、そのパワーを最大限に活用することができません。中古ドメインを購入したら、まず最初にHTTPS化を行い、検索エンジンから高評価されるよう対策を行っておきましょう。

SSL化をするとURLが変更となるため、なにも対策をしていないとSEO上マイナスとなってしまいます。サイトの移転として処理されるよう、URLの正規化を行い、301リダイレクトを施しておくことが大切です。
URLの正規化は、SearchConsoleのアカウントを持っていればすぐに行うことができます。これらの手続きを省いてしまうと、旧アドレスと新アドレスのサイトが2つ存在していることになり、重複コンテンツとみなされる場合があるため注意が必要です。

正規化や301リダイレクトを適切に行っても、一時的にはアクセス数への影響があらわれる可能性があります。しかしきちんと対策を行っておけばサイト移転による影響はごく一時的なものとなりますので、あまり心配をする必要はないでしょう。長期的に見ればHTTPS化によるメリットの方がずっと大きくなると考えられます。
検索エンジンから評価されやすい中古ドメインを購入しても、HTTPS化を行っていないと、今後評価が下がっていく可能性があります。実際にWEBサイトの運用をスタートする前に、しっかりと常時SSL化を行って、効率的にSEO対策を行っていきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧