• ホーム
  • レスポンシブWEBサイトの設計と作り方

レスポンシブWEBサイトの設計と作り方

スマホやPC、タブレットなどインターネットに接続可能なデバイスにはさまざまな種類があります。このため、現在はどんなデバイスからでも快適に閲覧できるWEBサイトを作ることが、重視されるようになっています。レスポンシブウェブデザインは、使用するデバイスに対応してWEBサイトを表示させることができる、効率的なサイトデザインです。

レスポンシブウェブデザインのメリットは、一つのHTMLを管理するだけですべてのデバイスに対応した表示が可能になる、という点にあるでしょう。スマホ用、PC用といった形で個別のデザインを用意してしまうと、仕様の変更等があった際、それぞれのHTMLを更新しなければなりません。レスポンシブウェブデザインなら、メインのHTMLに手を加えるだけで、それぞれのデバイスから見たサイトの内容をすべて変更させることができます。
またユーザーにとって見やすい・使いやすいというのも大きなメリットの一つでしょう。
デバイスごとにURLが異なってしまうと、ユーザーはその内容を他のユーザーに紹介したくなった時、相手側のデバイスにまで気を配らなければなりません。同一のURLであればそうした点に煩わされることなく、気軽にシェアを行うことができます。

ユーザーにとって見やすい・使いやすいということは、検索エンジンからの評価も上がりやすいということです。Googleはユーザビリティを重視し、サイトの評価を行っています。つまりユーザーが快適に閲覧できるサイトは、検索結果の上位に表示されやすい、ということになるのです。
さまざまなメリットがあるレスポンシブウェブデザインですが、初期設計にやや手間がかかる、という側面も持っています。HTMLについては一種類を運用することになりますが、タブレット・PC・スマホそれぞれに対応したCSSを作成しなくてはなりません。

レスポンシブWEBサイトの作り方は、まず最初に初期設計を行いそれぞれのデバイスに合わせたデザインを用意する、という流れになります。基本的な作り方はそれほど複雑ではありませんが、表示サイズに合わせて個別に余白を指定するなど、細かな調整が必要となることもあるでしょう。PCを基準としてデザインを行うと、スマホでの表示に時間がかかってしまう可能性があります。スマホなどの表示に制限があるデバイスを基本とした上で初期設計を行っていけば、ユーザーにとって快適なデザインを作り上げることができます。