• ホーム
  • ホワイトハットSEOとブラックハットSEOを整理

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOを整理

SEO対策を適切に行えば検索エンジンで上位表示されやすくなり、サイトへの流入も増加させることができます。しかし一つ注意したいのは、適切でない不正なSEO対策を行うと、ペナルティーを受ける可能性が高い、という点です。
Google検索エンジンによって不正なサイトだと判断されてしまった場合、検索結果の表示順位が著しく低下したり、インデックスを削除されるなど厳しいペナルティーが科せられてしまいます。

適切なSEO対策は一般的にホワイトハットと呼ばれ、そうでないものはブラックハットと呼ばれています。ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いをしっかりと把握し、整理して確認しておくことが大切です。この2つの違いを判断する基準は、基本的にユーザー目線で見たサイトの利便性や、質によって決まっています。
Googleが公開しているウェブマスター向けガイドラインでは、サイトに品質に関わる様々な要素が挙げられています。ウェブマスター向けガイドライン上で使用しない方が良いとされている行為は、コンテンツの自動生成やコンテンツ内容に関連しないキーワードの詰め込み、不正なリダイレクトなどです。

ユーザーにとって有益で価値のあるコンテンツを提供している、ということがまず一番重視されています。ユーザー目線で見た際、利便性が低く低品質なコンテンツだと判断される内容は、検索エンジンからも低評価されてしまうのです。
ユーザーや検索エンジンから低品質なサイトだと評価されないためには、どんな点に気をつけるべきでしょうか。まず第一にユーザーを満足させる有益な情報を提供すること、そしてコンテンツ内容に即したキーワードを使用することなどが挙げられるでしょう。他のサイトと重複した情報を集めているコンテンツは、ユーザーにとって有益でないため、ペナルティの対象となる確率が高くなります。

サイト内の利便性を向上し、どのページからでも目的のページへと簡単に遷移できるよう、リンクを整えておくことも大切となります。表示に時間がかからず、ユーザーにストレスを与えないというのも重要なポイントとなるでしょう。
ユーザーの満足度を高めるよう、サイトの隅々まで気を配ることが、効果的なSEO対策となります。ユーザーにとってメリットとなるホワイトハットSEOを施せば、検索エンジンからの評価が高まるだけでなく、リピーターも増加させることができるでしょう。